2022年10月4日火曜日

今後12年間の総合計画案への質疑

                10月4日(火)

 第6次愛川町総合計画(案)が6月に議会側に示され、すでに総合計画検討会を立上げていたので、7月には会派ごとに意見をまとめ町へ提出。町ではそれを取り入れるなど修正するか、しないかの回答が8月末にはきました。次に、会派ごとに再質疑する項目を提出し、本日、理事者側と意見を交わしました。今後12年間の町の総合計画ですので、一般質問とは別の角度ですが、なかなか面白いものでした。私も議員団の一人として、子どもの権利条約を生かしていじめや不登校児童の解決の一助になる取り組みを求めましたが、町の回答は学校教育のみならず、社会全般における子どもの権利を保障している、別の部・章の人権の章に「ダイバーシティの推進」の現状と課題」に人権に関する記載があるため、現行通りにするとの回答でした。そこで、ダイバーシティの推進の「現状と課題」の中に「子どもの権利条約」の文言を加えるよう求めましたが、それも内包するとして現状と明記を避ける答弁でした。 

 左の絵は、私の親しい方で亡くなっ方の奥様が私にくださった絵ですが、半原公民館にて多くの人に見てもらった方がいいと、奥様に寄贈していただきました。

 

 

 

 ここ数年でようやく若い世代に人権意識が芽生え、特に遅れていた女性の人権侵害を訴える時代を迎えています。ところが、子どもの権利条約を日本が批准していから28年も経過していますが、教育分野での子どもの人権を守る取り組みが遅れており、いじめや不登校など増加傾向にあります。そういう実態に町の幹部は数倍にもなっていないからとの認識はいかがなものでしょうか。あまりにも鈍感な気がします。子どもは子どもの権利があることさえ知らされずに大人になっているのです。まずは知らせることから始めませんか。

 

 


 今、地域要望のチラシを準備中です。10日あたりから配布できそうです。 

 


                庭に咲いた花

 

2022年9月24日土曜日

国葬について

  9月22日(土)9月議会終了

 長かった9月議会も終了しました。

 その後、議員全員協議会の席で、町長から27日に行われる国葬についての見解の表明がありました。 共産党議員団の他に、他の議員が国葬に関して、反旗の掲揚や学校などに黙とうをするよう、要請したようでした。

 そのためかどうか分かりませんが、町長は国葬について、これまでの元安倍首相の貢献を鑑みて、本庁のみ半旗を掲揚するが、町民・議員へ黙とうを求めず、記帳台も作らない。学校等へは弔意表明を求めない、としました。

  私たちは国葬という、現憲法では特定の人物に全国民へ弔意を押し付けるようなことは憲法にある、内心の自由を侵すため、憲法違反だと反対しています。

 内心の自由は、言論、表現の自由があるにも関わらず、なぜ掲げているのか。それは、キリスト者の言葉で思い知りました。戦前、天皇制絶対国家の中で、国民は天皇の家来で、何でもいうことを聞かなければならなかった時代、戦争に行って人を殺せ、生きて帰るなと言われ、また戦争反対という意思を貫くことさえできなかったため、戦争が終わって、新憲法が作られる際に、その条文を入れることを主張する人々がいたのだ。そういう重みのある条文だということでした。もちろん、日本共産党は戦前、100年前に作った際に非合法の政党で、男女平等、国民主権、戦争反対、言論の自由等を主張していましたので、治安維持法で捕まって弾圧され、牢獄で亡くなるなど多くの先輩がいました。ですから、同じ過ちを犯してはならないと、少しでも戦争へ向かう動きがあると、一番敏感に動いて国民へアピールしてきたのです。今回の国葬もそうです。岸田首相は国葬をてこにして国民を戦争への道へ扇動する手段にしようと考えているのかもしれませんよ。 



2022年9月22日木曜日

道路に流れた砂利を皆で掃除

           9月20日(月)

 9月19日(月・祝日)は、朝から曇り空。雨が降るか心配で、6時ごろ家の前の道路を見ると砂利が流れてきていました。7時ごろ、「砂利がごろごろあるね」と近所の方からの電話。外に出ると、隣では夫婦で砂利の掃除、私も夫を呼んで一緒に砂利掃除を始めました。そうしたら、また隣も出てきてくださり、一緒に砂利の掃除をするとともに、雨水桝のつまりを掃除することになりました。私と夫は軽トラックに砂利を運んでもらい、流れてくるところの砂利があるところに戻しました。雨水桝の掃除もみんなで5か所をきれいにすることができました。1時間ぐらいの掃除が終わる頃、大雨に遭い解散。

 翌日の9月20日、道路課へ 昨日の砂利掃除のことを話し、児玉貿易の手前の道に置かれた砂利が大雨で道路に流れてくるので、せっかくきれいにしてもまた同じことになるとして、対策を要請しました。      
                                        



2022年9月17日土曜日

旧経済・建設所管の決算審査について

      

 決算審査として、9月13日は旧総務所管、15日は経済・旧建設所管の分野の質疑を行いました。他の議員の質疑でとても参考になるのがありました。

 農業環境改善センターの建築物定期調査報告業務委託料62万円のことです。私は委託業者の選定方法となぜそこなのか、について 聞きました。担当課は1級・2級の建築士に個別に契約することになるので、随意契約とし、県内の「一般社団法人かながわ建築事務所協会」に業務委託することによりそこから手配してもらうことになるので、安定的に確保できるとの理由でした。それはそれでいいのですが、私は問題と気づかないことがありました。

  毎年、調査員が6名派遣されてきて、丸1日経年劣化等の状況を定期的に調査をし、調査の結果を報告するものです。私の後に同じところを質問をした議員は、毎年調査をするので大幅な劣化はあるのか、昨年の状況から見れば分かる。それを毎年62万円余の費用が必要なのか、調査をする調査員の仕事ぶりを町の職員は見ていかなければならない。そういうことからすると、町の職員にも専門的知識が求めらるし、費用対効果について、詳しく吟味をしなければならないことでした。

2022年9月12日月曜日

危険な歩道の補修できていた

    危険な歩道の改修ができていた

 6月頃でしたか、町道路課へ要請していた危険な歩道の補修で8月には一番最初にやってほしいところができていました。六倉の高齢の方から、数年前に春日通りの歩道を歩いていたら、車いすの方が溝になっている歩道にはまり、倒れそうになってるところに出会ったことから一緒に、イナゲヤ前から一号公園信号までの歩道を一緒に歩いて、デコボコで危ない箇所をいくつも見つけました。自分でも2度、3度と歩いて確認し、一覧表にまとめて道路課長へ要請してきました。

 国葬反対の街頭宣伝の時も、イナゲヤと歩道の境目の歩道側のデコボコも補修されていました。職員のみなさん、ご苦労さまでした。

 

2回目のたまのや演芸会は素晴らしい!

         9月11日(日)

 桂やまと師匠の落語と愛川三郎の歌と踊りで、日曜の夜をたまの屋演芸場で楽しんできました。私はこれまで、何度もたまのやさんの歌と踊りの舞台を見せていただいてきましたが、素晴らしい。
 今や愛川のエンターテイメント的存在です。座席は26席という限られていますが、2回とも同じ知り合いの方々と同席できて挨拶を交わしてきました。落語も2話、たっぷり楽しみました。

国葬反対、統一協会問題で街頭宣伝

       国葬反対・統一協会の街頭宣伝

 9月10日午後から、1さんと共に久しぶりにイナゲヤ前で街頭宣伝を行いました。参議院選挙投票に発生した元安倍首相襲撃事件から発生した統一協会と国葬問題、マスコミ、SNS上でも毎日のように、特に統一協会問題は後から後から、新しい情報が出てきています。 

 統一協会について1978年頃から、学生・若者を洗脳し、霊感商法で高額なツボなどを売りつけさせる、あるいは売りつけられた被害者の大きな問題として共産党も国会で取り上げてきました。今回の問題で改めて、宗教の名を借りて、反社会的組織のカルト集団であることが鮮明になりました。

 自民党は選挙の応援、共産党への謀略ビラ配布で当選させてもらい、統一協会からは自民党国会議員が広告塔として利用しており、持ちつ持たれつつの関係にはまっていることも明らかになりました。自民党国会議員は379人中179人、過半数もの議員が何らかの関係があることが判明。自民党自らは自己点検のみで済ませようとしていますが、国民の反発は必至です。さらに地方議員にも相当浸透しているようです。また、統一協会のほうも地域では別の組織名で公共の会場を利用して、住民に浸透を図っているようです。

 国葬問題では、今や世論は二分され、国葬反対が50%を超え、賛成は30%台です。ネット上での反対署名も、紙でも取り組まれています。国葬は戦後、新憲法になってから14条の法の下の平等や19条の思想・良心の自由に反す共産党は反対の論陣を張っています。