2018年10月18日木曜日

ソーラーシェアリング講演会

   10月18日(木)ソーラーシェアリング講演会

 午後6時半より、厚木市文化会館で地域から生み出す自然エネルギーと題する講演会がありました。講師は城南信用金庫顧問、原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)の吉原 毅さんで、これはとてもいい企画で是非聞きたいとの思いで行ってきました。

 これまで愛川映画の会で、原発事故についてとそれに代わる再生エネの上映会を開き、学習をしてきました。厚木市民は具体的に自分たちがエネルギーを作っていこうとの決意で、取り組んできたそうです。畑の上にソーラーパネルを置いて、作物の収穫量を減らさずに太陽光発電をするのです。全国1500か所以上で行われています。
 私も議会でソーラーシェアリングについての質問をしてきましたが、否定的な答弁でした。ところが、厚木市は環境政策課はやりたいと言ってくる団体がなかったのでそのままになっていたが、応援するとのことで対応の違いに驚きました。

 吉原さんは福島の原発事故で世界の国は危険な原発をやめて、再生エネルギーに転換しつつあるのに、事故を起こした日本がまた再稼働している。小泉元首相は首相の時、原発は安全で安い、空気を汚さないと信じ込まされてきたが、勉強してすべて嘘だったと分かった。罪滅ぼしに原発をなくし、再生エネの運動を歴代元首相たちと会長を吉原さんにして、原自連を作って活動しているとのこと。これまで原発賛成の日経が少し論調が変わってきたそうです。外国では2030年までに再生エネを50%まで引き上げる計画なのに、日本はまだ原発を基本電源として22%以上にする。それをやると全ての原発・老朽化した原発も再稼働せざるを得ないのです。
  原発に反対して再生エネに切り替えることは自分は保守だが、保守、革新との闘いではない、命、暮らしを守ることなのだと強調。

 最後に厚木市民発電所の概要の説明があり、終了後に私は早速入会し、1万円の出資をしてきました。来年に、会員さんの畑の上にパネルを置いて、その下にさつまいもを植えて収穫をする計画です。今から楽しみです。
 

 

府中市職員の自衛隊体験研修について中止を

   10月17日(水)9月議会報告ができた

 昨日、9月議会報告「新あいかわ」がようやく できてきました。仕分けをしてこれから配布をします。カラー印刷なので見やすいです。


         府中市職員の自衛隊体験研修について中止を

 いつも私が研修に行っている多摩自治研からの情報で、府中市職員の自衛隊体験研修中止を求める署名とその経過について、メールがきました。
 驚きました。府中市は入庁3年目までの若手職員48名を2016年6月1~3日の2泊3日、航空自衛隊府中基地で実施したとのこと。さらに2017年、2018年と連続して実施しています。なぜ研修先が自衛隊なのか、警察や消防には50人を受け入れる施設がないとの理由でした。
 なぜ中止を求めるのか。住民福祉の増進と自衛隊員の本務である我が国の防衛は異質であり、文民統制の観点から厳しく区分されなければならない。戦闘員が非戦闘員に指示命令することは許されないとの理由です。

 

2018年10月15日月曜日

あきる野市の「瀬音の湯」へ視察研修

      10月15日(月)瀬音の湯のあきる市へ視察研修

 愛川地区まちづくり協議会主催の視察研修へ行ってきました。42名なので大型バス
で乗り心地は最高。愛川から9時半に到着。瀬音の湯は議員だけで8月1日に視察に来ていますが、その時は時間があまりなく、概括的な話でしたが、今回はじっくり時間をとっていただいて説明を受けることができました。瀬音の湯は一昨年26万人の人が来場し、当初の計画では19万人でしたので、すばらしいですね。
 設立までの経緯として、あきる野市都市計画マスタープラン、総合計画前期計画に入れられ、都民の観光・レクの拠点としての位置づけられ、 売店組合、商工会、市、JAが共同出資していますが、市が51%の出資。第3セクターを作り、新四季創造(株)が指定管理を受けて経営。
 当初、具体的には、人口が減り過疎になり、地域活性化を望む地元の声を受けて、5部会をつくり、具体的な話し合いをしてきたことです。何か事を起こすと必ず、反対の声がありますが、それは事業が成功することで解決します。瀬音の湯は当初、様々な不満の声を受けて、改善をしてきたとのこと。成功してにぎわいがでてくると、文句を言う人はいなくなるのでしょう。

瀬音の湯の手前の売店            皆が説明をうけているところ             

 説明を受けたところは、廃校になった小学校を改造して、体験センターになった場所で、宿泊施設もあり、説明を受け、その後食飲室で給食食器に入った食事をしました。
  小学校はそれほど古くなく鉄筋コンクリートで、多摩地域の木材で作った椅子や周囲などみな木の香りが漂っていました。風呂はヒノキで周囲を囲むというぜいたくさでした。帰りは御岳登山鉄道にのり、御嵩神社へお参りしてきました。

ふれあい体育大会

    10月14日(日)ふれあい体育大会

 先週は合戦まつり。今週はふれあい体育大会と続きます。昨日から雨が心配されていましたが、やはり、開始時刻を1時間遅らせて始まりました。雨が完全にあがったという感じではないので、曇り空でいくのかと思っていたら、後半には時折晴れ間が見えました。
 1時間遅らせたため、綱引きがなくなりました。今回は子どもの出番や大人も子供も含めて参加できる種目を入れたのはよかったですね。そんなわけで若い人の参加が多いように感じました。
 我が家の孫たちも遊びに来てくれて、広い陸上競技場を駆け回っていました。
 


2018年10月13日土曜日

子ども議員の皆さんにインタビュー

  10月13日(土)

 役場へ行って、玄関入ったら愛ちゃんの石像がありました。
火曜日にある石材店主が寄付をしてくれたそうです。かわいいですね。



 きょうは、2週間後の27日に子ども議会のリハーサルがあり、その後、議会広報広聴常任委員会で子ども議員の皆さんに、インタビューすることになっていたのです。
 9時半から2時間ほどのリハーサル終了後、インタビューOKという皆さんだけが残っていただきて、議員たち4人でインタビューしました。学校生活のなかで、トイレやエアコン、給食について聞きました。みなさん、よく発言してくれてよかったです。

田代・半原まちづくり講演会

          10月12日(金)まちづくり講演会

 午後7時から両向児童館で、田代・半原地区まちづくり講演会があったので、行ってきました。50名程の参加者、熱気でむんむんしていました。話す人は三増に住む新規就農者夫婦で有機農園けのひ代表の北原祥子さんでした。
 最近の新規就農者は大学出で、有機農業を目指す人が多いように感じていましたが、北原さん夫婦も大学で知り合い、就職は商社のような仕事をしてきて英語もぺらぺら。結婚して子どもが生まれ、どんな食べ物を食べさせていくか、子どもの生きていく環境を良くしていくことも含めて考えると、農業がいいとなったといいます。給料もボーナスもなく、不安定な収入になるけれど、子どものことを考えると、そういう選択になったそうです。企業で働いてきたときは、企業の社会的責任を実践することが必要と感じていたし、西友だったので、レジ袋削減の80%達成に貢献したこと、農業者となってからは、少量多品目、有機食材での学校給食の実現などを目指しているとのことでした。

 

2018年10月11日木曜日

コンビニに駐車する大型トラックの問題

     10月10日(水)

 ある方から、コンビニの駐車場に駐車する大型トラックのアイドリングや排気ガスの匂いが朝の仕事帰りで寝ている部屋に入ってきてしまうので、困っているとの声を受けました。以前、議会で車両基地の被害について議会報告をしていたので、共感をしていたそうです。
役場に来ていただいて、私も一緒に環境課の窓口で訴えを聞きました。2か月以上前にも電話で伝えたそうですが、一向に改まらないので私に電話がきました。
 コンビニの駐車場に駐車するとき、住宅があるところは先頭駐車で、アイドリングはしない、などをオーナーに要請してもらうことにしました。

 以前は工業団地の道路わきに駐車することが多かったのですが、最近はコンビニが町内には20店舗もでき、大型トラックに駐車できるような規模にする傾向があります。


今、我が家の植木鉢で咲いているハイビスカスです