2018年8月17日金曜日

観光・連携拠点づくり事業基本計画議会検討会で質疑

     8月17日(金)観光・産業連携拠点づくり事業基本計画議会検討会

 川場村の田園プラザ道の駅川場と秋川温泉瀬音の湯の視察を終えてから、議会で行政側に質疑をすることになっていて、今日行われました。議会の会派ごとに質疑項目を出しておいたので、順番に質疑を行い、町の考えを正していきました。こういうことをやるからこそ、私たちは町民の代表であることの自覚が出てきます。
 しかし、私たちは行政側が町民へのアピールが遅れていて、関心を持つ人が少ないということを自覚してもらい、手を打つことを求めました。

 共産党議員団は以前から町民への周知を党議員団として「半原水源地利活用」についてのチラシを作成。昨日到着したチラシをもって、今日夕方から地元町内会から配布し始めました。2時間の間に外に出ている方4人と対話になりました。チラシは50枚程度くばれたでしょうか。終わって帰ってきたら7時で、暗くなっていました。

「9条を抱きしめて」の上映会

            8月15日(水)「9条を抱きしめて」の上映会

 以前から準備していた映画の当日を迎えました。「9条を抱きしめて」です。
80数名の参加はあったようですが、正確にはまだわかりません。一度見ているのですが、改めて新たな内容を発見して感激しています。ただお誘いした方が来なかったのが気になりました。

 2,3日前に、08年に開かれた厚木市母親大会で アレン・ネルソン」さんの講演をきき、その場で「戦場で心が壊れて」という本を買ったままになっていたのを思い出して読みました。その内容はアレンさんが18歳で貧しさから脱出するために軍隊に入り、19歳でベトナム戦争に送られ3年運よく帰還したのですが、心が壊れてしまいます。その後いい医師に出会い何十年とかかって心を取り戻していくのです。その後、95年に沖縄で少女暴行事件のニュースを知るのです。沖縄に行き9条に出会い9条の心を伝えるために、ベトナム戦争での経験の話をしに全国、全世界へ行脚します。しかし、ベトナム戦争で浴びた枯葉剤の影響でがんになり、62歳で亡くなります。

 アレンさんが日本に来た時に通訳として協力した元高校の教師、平塚さんが上映後に講演しました。82歳の平塚さんは京都から新幹線で来てくださいました。とても力強く信念を持ってのお話でした。

2018年8月12日日曜日

町内会儀で防災議論

   8月12日(日)

 今とても残念なことは、沖縄の翁長知事がなくなったことでした。辺野古への新基地を作らせないと運動の中心になって頑張ってきたのですが、昨日,故翁長知事の志を受け継ぎ、新基地建設断念の声をあげようと県民大会が7万人の参加で開かれました。県民がいらないという基地をなぜ沖縄に無理に押し付けるのか。中央政府の強権的なやり方はなんとかならないか、と思います。

  夜、上三増町内会会議がありました。年4回あります。

2018年8月11日土曜日

半原小で防災減災教室

    8月10日(土)半原小での小中一貫防災・減災教室

 今年は小中学生にと保護者で21人、愛校のボランティア生5人、先生やASVN等で56名が参加して、防災・減災教室に出かけました。
 今年は木の下で開校、炊飯 の準備などを行うことができ、酷暑の夏にふさわしいやり方でよかったです。水の運搬は校庭で扱ったと思いますが,私は強化ビニールに入れての炊飯準備の確認をしていたので、見ることができませんでした。今回のご飯はカレーではなく、炊いたご飯をビニール袋に入れてほぐし、ふりかけをかけておにぎりにするなどの体験でしたが、意外と好評でした。
 あとは防災・減災クイズ、食事と多目的室でした。今回食事はカレーではなく、ふりかけをかけて食べます。

 

総務建設常任委員会の所管事務調査

   8月10日(金)総務建設常任委員会の所管事務調査

 決算9月議会前に、29年度実施した事業のいくつかを担当課より現地で説明を受けます。予算の前にも説明を受けていますが、どのようによくなったか確認をすることです。

 
三増の中原にある橋の改良工事
坂本の青少年広場にあるトイレを洋式に、しかも愛ちゃんのラッピングできれいなトイレに変身












 春日台のイチョウ公園のブランコと滑り台下にラバーマット
            雨が降ると水がたまり、困っていたとのこと

2018年8月9日木曜日

多摩自治研の研修会に参加

   8月8,9日 都立多摩図書館で研修会

 以前から申し込んでいた多摩自治研の研修会に参加してきました。台風でどうなるか心配でしたが、それて千葉の方に行ったようです。
 「子どもの権利条条約」について理念や背景、条例のつくり方まで1日半、しっかり研修を受けてきました。いつも多摩自治研は憲法を基本に据えての話があるので、とても勉強になります。また、質問の時間がたっぷりあるので他所の議会の話が聞けます。だから行政で用意する条例づくりとはちょっと違います。
 本もたくさん買ってしまいました。よその自治体議員との交流をして自分が元気になり、今度はどういうことに取り組むべきかが見えてきます。
 
下の写真は講師の先生方です。
早稲田大学名誉教授 増山 均先生 三多摩学童保育連絡児湯議会会長 妹尾浩也さん
早稲田大学教授 喜多明人先生 議員の学校校長 池上洋通先生 議員発議による「奥州市子どもの権利条約」制定とその後の取り組みを市議会阿部加代子議員が報告
 



8月15日は「9条に抱かれて」の上映会

    8月7日(火)上映会のチケット普及

 8月15日に行う上映会「9条に抱かれて」というドキュメント映画の普及に取り組ん でいます。近づいてようやくおしりに火がつきました。訪問して知らせれば買ってくれる人もいるのでどんどん進めたいのですが、何かと用事ができます。
 この映画はアレン・ネルソンさんのドキュメンタリー映画(前半は劇画)で、18歳でアメリカのスラム街に住むネルソンさんが貧しさから入隊しベトナム戦争に行って実に多くのベトナム人を殺し、本国に戻ってから心が壊れます。それを何十年とかかって人間らしさを取り戻すのです。それが日本の憲法9条に出会ってからその普及に命をかけます。日本にくると自分も心がやんでいたが、日本という国も全体が病んでいるいるというのです。

 ぜひ、8月15日(水)午後2時から町文化会館です。映画は50分。その後、平塚さんという方が京都から駆けつけて下さり、講演をしてくれます。ネルソンさんが日本に来た時の通訳をしてくれ、活動の支援をしてきた方で、御年82歳です。