2018年8月12日日曜日

町内会儀で防災議論

   8月12日(日)

 今とても残念なことは、沖縄の翁長知事がなくなったことでした。辺野古への新基地を作らせないと運動の中心になって頑張ってきたのですが、昨日,故翁長知事の志を受け継ぎ、新基地建設断念の声をあげようと県民大会が7万人の参加で開かれました。県民がいらないという基地をなぜ沖縄に無理に押し付けるのか。中央政府の強権的なやり方はなんとかならないか、と思います。

  夜、上三増町内会会議がありました。年4回あります。

2018年8月11日土曜日

半原小で防災減災教室

    8月10日(土)半原小での小中一貫防災・減災教室

 今年は小中学生にと保護者で21人、愛校のボランティア生5人、先生やASVN等で56名が参加して、防災・減災教室に出かけました。
 今年は木の下で開校、炊飯 の準備などを行うことができ、酷暑の夏にふさわしいやり方でよかったです。水の運搬は校庭で扱ったと思いますが,私は強化ビニールに入れての炊飯準備の確認をしていたので、見ることができませんでした。今回のご飯はカレーではなく、炊いたご飯をビニール袋に入れてほぐし、ふりかけをかけておにぎりにするなどの体験でしたが、意外と好評でした。
 あとは防災・減災クイズ、食事と多目的室でした。今回食事はカレーではなく、ふりかけをかけて食べます。

 

総務建設常任委員会の所管事務調査

   8月10日(金)総務建設常任委員会の所管事務調査

 決算9月議会前に、29年度実施した事業のいくつかを担当課より現地で説明を受けます。予算の前にも説明を受けていますが、どのようによくなったか確認をすることです。

 
三増の中原にある橋の改良工事
坂本の青少年広場にあるトイレを洋式に、しかも愛ちゃんのラッピングできれいなトイレに変身












 春日台のイチョウ公園のブランコと滑り台下にラバーマット
            雨が降ると水がたまり、困っていたとのこと

2018年8月9日木曜日

多摩自治研の研修会に参加

   8月8,9日 都立多摩図書館で研修会

 以前から申し込んでいた多摩自治研の研修会に参加してきました。台風でどうなるか心配でしたが、それて千葉の方に行ったようです。
 「子どもの権利条条約」について理念や背景、条例のつくり方まで1日半、しっかり研修を受けてきました。いつも多摩自治研は憲法を基本に据えての話があるので、とても勉強になります。また、質問の時間がたっぷりあるので他所の議会の話が聞けます。だから行政で用意する条例づくりとはちょっと違います。
 本もたくさん買ってしまいました。よその自治体議員との交流をして自分が元気になり、今度はどういうことに取り組むべきかが見えてきます。
 
下の写真は講師の先生方です。
早稲田大学名誉教授 増山 均先生 三多摩学童保育連絡児湯議会会長 妹尾浩也さん
早稲田大学教授 喜多明人先生 議員の学校校長 池上洋通先生 議員発議による「奥州市子どもの権利条約」制定とその後の取り組みを市議会阿部加代子議員が報告
 



8月15日は「9条に抱かれて」の上映会

    8月7日(火)上映会のチケット普及

 8月15日に行う上映会「9条に抱かれて」というドキュメント映画の普及に取り組ん でいます。近づいてようやくおしりに火がつきました。訪問して知らせれば買ってくれる人もいるのでどんどん進めたいのですが、何かと用事ができます。
 この映画はアレン・ネルソンさんのドキュメンタリー映画(前半は劇画)で、18歳でアメリカのスラム街に住むネルソンさんが貧しさから入隊しベトナム戦争に行って実に多くのベトナム人を殺し、本国に戻ってから心が壊れます。それを何十年とかかって人間らしさを取り戻すのです。それが日本の憲法9条に出会ってからその普及に命をかけます。日本にくると自分も心がやんでいたが、日本という国も全体が病んでいるいるというのです。

 ぜひ、8月15日(水)午後2時から町文化会館です。映画は50分。その後、平塚さんという方が京都から駆けつけて下さり、講演をしてくれます。ネルソンさんが日本に来た時の通訳をしてくれ、活動の支援をしてきた方で、御年82歳です。

議会研修「通年議会について」

  8月6日(月)議員研修会「通年議会について」

 午前は議員団会議。
午後3時からは議員研修会で、議会改革検討委員会での検討項目の一つ、「通年議会について」です。前回の議会改革検討委員会でも検討して、まだ早いとの思いが一致して終了したのですが、今度は議長からの諮問項目ということから学習会となりました。執行部が専決処分などができないように、とか、議会が閉会しないので、常任委員会を継続して開くことができるなどがありますが、私はそれほど積極的にやろうとまではならないのです。なにせ、最近はとても忙しいのです。議会だより委員会が広報広聴委員会になって範囲が広くなりました。これはとても大事なことなので充実のためにどんどんやっていきたいことです。それに加わって、半原水源地跡地利用の観光・産業拠点づくり事業基本計画議会検討会があり、その勉強があります。そのための視察が立て込んでいました。
  私は今は所属していないのですが、議会改革検討委員会や議会運営委員会などがありますよね。
 私も、昨年とその前の年は教育民生常任委員会委員長でしたので、社協関係の会議がたくさんありました。

 それに、共産党議員団は広報活動に積極的なので、議会の度の議会報告やそれ以外の広報で全戸配布のチラシをこの酷暑の夏に取り組み、少々バテ気味でした。


2018年8月5日日曜日

国民健康保険運営協議会が開かれる

          8月3日(金)国保運営協議会

 午後7時より役場で国保運営協議会が開かれました。議会からは3人が公益代表として出席しています。私は一番長いので会長です。今回は9月議会へ向けての前段で、運営協議会に諮られたのは29年度決算の見込みです。委員のお医者さんが交代したので委嘱の手続き、それから開始しました。30年度から国保は都道府県体位で行うことになりましたが、主な業務はこれまで通り。本協議会も継続します。後期高齢者制度のように県でおこなうことになったら、市町村議会の代表だけで協議会を行うので、ほとんどわからなくなります。各種団体などの運動で中途半端ではありますが、ここまでとどまらせたことになります。


         三増区の生き生き100歳体操に参加して

 実は私はこの日の午前中10時から11時まで、三増区で行っているこの教室に初めて参加してきて、その効果を実感してきました。 三増区は昨年の8月から初めて1年になりますが、この暑い異常気象にも関わらず35,6人程度は必ず参加しているので、びっくりです。1週間ごとに知り合いに会えることや運動の効果を実感しているからのようです。

2018年8月1日水曜日

川場村の田園プラザ道の駅と秋川渓谷瀬音の湯へ視察

  8月1日(水)議員視察研修
 観光・産業拠点づくり事業基本計画議会検討会の参考にしようと、議会全員で2か所を視察研修に行ってきました。
 株式会社 田園プラザ川場は、もともと川や山があるが何もないところに、平成元年に構想、平成4年にでき、来るたびに新しい施設などを取り入れ、常にリピーターを増やしています。村、世田谷、村内の店、JAなどが出資し、あとは国の借金を借りて行っていますが、当初20~30万人だったが、今では180万人が訪れています。
 食事をしていたら平日なのに若い女性がたくさんいて驚きました。授乳室も3か所あるそうです。野菜を見たらとても安くてキュウリやと町、ピーマンなどふだんどこでも買えるのですが、つい買ってしまいました。
 田園プラザ全体は歩いて施設をまわり食事や陶芸の体験など、疲れると身近な池、遠くの山々を眺められて、都会の人にはうらやましがる風景でした。

田園プラザの施設、そこから周囲の山を見渡すととても気持ち良い

 午後には秋川渓谷の瀬音の湯へ。ウナギの寝床のように川沿いに商品売り場、次に瀬音の湯、無料休憩所、吊り橋ならぬ橋をわたるときれいな川の水に感嘆の声をあげました。終わりに足湯につかり、疲れを癒しました。ちょっと小規模な施設でしたが、工夫次第で人を呼び込むことができるとのことでした。

 ウナギの寝床のように川沿いに施設がある。終点の橋から川を眺めるとすばらしい。

議会でAGC工場見学

  7月31日(火)AGC(旭硝子)へ工場見学

 議長の計らいにより、旭硝子が名称を変更したこともあり、われわれ議会も工場を見学させていただきました。
 ほとんどの議員は近くて遠いという関係でしたが、大きな工場の自動車用ガラスの製造過程を詳しくみることができました。

2018年7月27日金曜日

消防操法大会で5位に

   7月県消防操法大会で5位

 3地区を回っていくので6年に1回は来るのですが、今年は高峰地区の代表が県消防操法大会に出るということで、終了後の懇親会まで付き合いました。
 前夜や朝雨が降ったせいか、少し涼しく酷暑の日常よりはまだましでしたが、選手の皆さんは極度の緊張の中、よく頑張ってくれました。
 懇親会の中で20チームの中5位の発表がありました。補欠を含む6人の選手を前に、来賓挨拶など健闘を称える挨拶がありました。4月から約4か月間に週3回も、仕事を終えてからの練習は相当きつかったろうと思います。指揮者のお礼の挨拶からも6人の心が一致団結するまでには苦労した様子がうかがわれました。

我が家で今年5月末に植えたひまわりが咲いています。

広報広聴常任委員会

 7月23日(月)広報広聴常任委員会
 先日の視察での感想など出し合って、よりいい議会広報誌にしようとの思いが語られました。全国大会1位の寄居町の広報は確かに町民がたくさん登場して意見を述べ、読みたい広報誌になっていると思いました。

               視察に行った寄居町議会

三増盆踊り大会

  7月21日(土)三増盆踊り大会

 前日に町長が盆踊りに言及した時、21日は6か所で盆踊りがあるそうで、そこを回っていくのは大変だろうと思います。三増は今年、宝くじ財団から250万円相当のアルミ製のやぐらがきて、組み立ては早めに終わったそうです。中学生実行委員による 売店は活発でよかったのですが、大人の参加が少なかったように見受けられました。高齢化があるんでしょうか。私は毎年盆踊りに加わるのですが、今年はちょっと少なかったですね。


2018年7月20日金曜日

町長に、荻田泰永さん応援メッセージを送るように要請

   7月20日(金) 
午前中は、高峰老人福祉センターでんミニデイ参加者に対しての減災・防災教室でした。私は初参加ですが、クイズと紙食器づくりの説明をしました。9人とボランティアの方4人がいられて、和やかな雰囲気の中、1時間ほどで終了。

     町長に要請
 午後、私は自分で習っている民謡教室が始まる前に、町長に会いに行きました。実は昨日のバスの中、知り合いの方からのメールで、町民栄誉賞を受賞し、講演をされた荻田泰永さんが小学6年生7人と共に、日本100マイルの旅に出るとのニュースを知りました。生涯学習課の担当課に、町から応援メッセージをださないのかと聞いたら、町ではそのつもりはないとの返事にがっかりされたそうです。私もそれはよくないと思い、町長に話をしようと、2時前に行くと、ちょうどいられて会ってくれました。ほんとはアポなしだと無理かと思ったのですが、ラッキーでした。町長はその方からメールをいただいていて、承知していたが、詳しいことわかっていなかったとのこと。それで詳しいことを知らせると約束しました。

 詳しい方に電話をすると、今年で7年目で、すでにマスコミも取材をしていて、ネットにも載っているそうです。知らなかったのはこちらだけでした。

         ふじみ野市役所のガラス前にあるグリーンカーテン

埼玉県のふじみ野市と寄居町へ議員全員で行政視察

    7月19日(木)議員全員で行政視察

以前から議会改革推進特別委員会と広報広聴常任委員会合同での視察というわけで、議員全員で視察に行くことになっていました。 
午前中は埼玉県のふじみ野市の議会ICT化についての視察でした。 これまでICT化というと行政側と議会側で一緒に行っていくものと思っていたので、今回は議会だけで取り組んだそうです。市長を説得するのも大変だったと思いますが、議員の方も、ICT化に慎重な議員もいて、徐々慣れてもらうには好都合のようでした。ICT化というと、議員全員にタブレットを与えて議会の時に紙を見なくてもよくなります。一般的に、ペーパレス化が強調されるのですが、それは副産物だそうで、議会側で市民への情報公開機能を高め情報の共有化が図られ、議会事務局の省力化が図られたようです。



 午後は、議会だよりについての視察で、町村議会広報で日本一になった寄居町へ行きました。この日も以前、暑さ日本一だったとの議長さんの話に納得。バスを降りた途端、むっとするくらいの熱気が体を包んだのでした。
  以前からネットで寄居町の議会広報を見ていて、町民の登場がいかに多いかに圧倒されていましたが、やはり直接話を聞くことができたのはよかったです。広報の費用はうちの2倍以上かかりますが、それは最初の打ち合わせから編集者が同席していて、いろいろアドバイスをもらいながら、作り上げていくそうです。町民に見てもらえるものを作ろうと努力してきた成果なんですね。うちは一般質問の見出しのつけ方ばかりいじっているのですが、もっと広報誌全体のあり方を見ていく必要がありそうです。町民に何を伝えたいのか、じっくり議論をしていくことが大事のようです。

2018年7月18日水曜日

地域要望を行政に伝えた

 7月17日(火)郵便局駐車場から出るときの生け垣で見えにくい
 地域から出されていた要望をもって、道路課へ。角田の郵便局駐車場から出るときに、右手の生け垣が邪魔して車が見えない、という声がありました。自分でも確認したのですが、私の車では高すぎて見えないという状況が分かりませんでした。それで、道路課へ要請。すぐ調べてくれて、県へ要請するとのことでした。



 かえるっこ広場にトイレを
 環境課への要望は、美化プラントへ行く途中のかえるっこ広場に、トイレがほしいという声が地元の散歩グループから出されてました。ここは美化プラントができるときに、地元要望として、広場とプールができました。最近、このかえるっこ広場は海底の障害児の放課後デイが子どもたちを車に乗せて来ているそうです。仮設トイレを設置するかどうかは検討しないと分かりませんが、当面は美化プラントの建物にトイレがあるので声をかけて利用してほしいとのことでした。

2018年7月16日月曜日

三増のお祭りで神輿の接待

  7月15日(日)

 15日は三増のお祭りで、 町内会長の夫と共に他の役員さんと接待の準備をして迎えます。1週間前に毎年同じサンドイッチと果物というメニューを確認していましたので、やることだけです。3時半から集合して1時間ほどで作り終え、5時半過ぎに来るという神輿を待っていました。今回は遅れて6時ごろ到着。神輿の担ぎ手は、夜光虫という会の方がたが大勢来てくれているのでなんとかなるようでした。あと何年かしたらできなくなるのではないか、という声があります。町内会正副役員も2年ずつ、4年やるようになっているのも、若い人が少ないため、遅らせています。



 

愛川町災害ボランティアネットワーク(ASVN)の定例会

   7月14日(土)ASVN定例会

 午後2時より、愛川町災害ボランティアネットワーク の定例会でした。午前中からの法事で少し遅れて出席。ここのところ、上小沢自治会の防災研修や 半原ミニディの場での研修、今度は高峰ミニディ、半原小での小中高の連携における防災研修など続きます。
 最後にFMさがみの会員によるスマフォによるラジオの活用について、使い方を教えてもらいました。

2018年7月13日金曜日

今、西日本の豪雨被災対策をするのが国会・政府の役割でしょ

   7月13日(金)街頭宣伝

 1週間に1回は街頭宣伝を行うと決めて実行しています。きょうは何を話そうかと新聞を見ていたら、やはり西日本の集中豪雨による被災者の問題と国会での対応が重要と考えました。5日の午後2時に気象庁が記者会見を行い、集中豪雨が予想されるとして警鐘をしていました。その夜、自民党議員は安倍首相も参加して、議員宿舎で宴会を開いていたというではありませんか。さらに、国会では内閣常任委員会で、国土交通省の閣僚が取り仕切るカジノ推進法案が議論されていました。こんな時にカジノどころではないく、被災地への救済・支援を率先して行うのが国土交通省ではないか、と共産党の大門議員が批判をしていました。たるんでいるのが自民党議員でした。

               うちの庭に咲いた山ゆり

町村議会広報クリニックに参加

   7月12日(木)広報誌の研修会

 広報広聴委員会から派遣されて、私と木下議員、職員の3人で町村議員会館に研修に行ってきました。朝9時に役場へ集合して海老名へ行き、電車で神保町駅に着くと11時過ぎ、早い昼食をとって腹ごしらえ、ちょっと食べすぎたかな。人気のお店らしく食べ終わってみるとOLが並んでいました。研修が終わると5時5分。帰宅は7時半でした。

 1時半から町村議会広報クリニックと称して、5時までびっちり講義でした。私たちは第2分科会で 第3分科会まであり、全体では53町村議会が参加していました。
 講師の先生の話の後、いくつかの町村議会から、①編集方針や力を入れている点 ②広報委員が制作にどこまで関わったか、③当該号についての意見 を述べていきます。
 一通り議会の担当者が述べると、講師の先生が講評を述べます。参加したところは
伊豆おおしま議会、舟橋村議会、うち灘町議会、高浜町議会、豊丘村議会、しなの町議会などでした。書き取れなかったものがあるかもしれませんが。

 共通して先生が述べるのは、中高生や小学5年生が読んで違和感がない、一般質問は「です、ます調」は最初から「である調」へ、見出しは必要。歳入、歳出の説明では議会と被ることが多いが、税の使い道を厳しく審査など議会が主語になることが大事なことや論点を入れること、改善要望の提出などは評価されました。その後の追跡調査もありです。追跡調査は一般質問だけでなく、委員会などにも幅を広げる。

 表紙はイメージ、写真を写すとき、主役を見つける。絞りを使ってバックをぼかすなど。子どもの写真では肖像権があるので、断らずに使うのはよくない。

ICT時代、あらゆるものがネットにつながるので、今後はHPやスマホなどにすぐ行けるようにするとよい。第4世代グループで2017年の統計でスマホは76%、パソコンは72%という。今後は第5世代グループはQRコードに変換する時代。これを取り入れている議会もあります。

 載せる記事は順番である必要はない。重要なものを先に載せる。内容、見出しは議員主導で。
見出しは13文字以内。人間が一度に確認できるのは3文字まで。 数字が多い記事は縦組みは不適切、横組がよい。短くてインパクトのある文字がよい。
 
 条例改正は改正によってどう変わるかをのせる。また地域の人にどう影響を与えるか、の視点が大事。文章の行間は本文の2分の1がいい。フォントも見やすい明朝体に。写真は複数載せるなら、アングルや距離を変えたものをのせる。地域の人たちに参加してもらうこと。その点寄居町議会は3年前から改善して300人以上が登場しています。
 
 

県操法大会激励

  7月11日(水)

 夜8時から、県消防操法大会激励が車検場で行われました。今年は高峰の第2分団から代表が抜擢されて4月から厳しい訓練が行われてきた成果が現れてました。きびきびとした動作と勢いある走りが皆を感動させました。今月25日に操法大会があるので、それまでに当日を最高の力が発揮できるように頑張ってほしいです。

畑の草刈りに汗を流す

  7月10日(火)

 西日本は豪雨で家の浸水で土砂が入り込み、片づけに途方にくれているというニュースを聞くと、心が痛みます。
 それでも、私は午前中は議会報告を配布して、午後は涼しくなるまで休み、その後は気になる畑の草刈りをしています。特に気になるのは、里芋、サツマイモの畑が草に覆われて見えなくなっていました。急いで刈って気持ちを軽くしました。

  

西日本の大雨で川が氾濫・浸水

    7月9日(月)

毎日、暑い日が続きますが、みなさんお変わりありませんか。
一方、西日本では7日から、北陸から九州南部に停滞する前線が活発となり、激しい雨が降りました。各地で土砂崩れや河川の増水・氾濫が相次ぎ、被害が拡大しました。
多くの方が亡くなったり、行方不明になっています。遠くて駆けつけることができないことが悔しいです。これまでにないほどの被害状況が連日続いています。避難所生活では蒸し暑さなどの苦しさで大変な思いをしていることと思います。

2018年7月8日日曜日

6月議会報告会

  7月8日(日)議会報告会

 今回、多くの方に周知ができていない状況での議会報告会でしたので、参加者は少数でした。それでも、3人の議員はそれぞれ自分の一般質問の報告をしました。私としては車両基地の問題は大変力を入れていたので、その思いが良く伝わるか心配でした。その時に力になってくれるのが「新あいかわ」の議会報告でした。議会の度に出すのは疲れますが、こういう時にも役に立ちますね。

箕輪交差点といなげや前で宣伝行動

    7月7日(土)街頭宣伝

6月から毎週、街頭からのハンドマイク宣伝をやろうと決意して、先週は都合で休んでしましたので、今週は必ずやることにしました。たいがい、土日になりますが、今週は7日土曜日、箕輪交差点で最初に行い、次にイナゲヤ前で実施。行きかう車の中から手を振ってくれる人がいました。こうした宣伝行動をしていると、必ず見てくれている人がいるのは心強いです。

2018年7月5日木曜日

6月議会報告「新あいかわ」の配布開始

  7月4日(水)6月議会報告の「新あいかわ」を配布し始める
 今回は自分の分は自分で原稿を書き、カラー印刷で頼みましたが、1週間程度かかるので結局7月から配布することになりました。それなのに、写真をアジサイにしたのは失敗でした。7月の花にすればよかった。
 
 知っている人にであうと、署名も頼んでいます。署名に力を入れると配布が遅れるので困ります。3千枚はとても一人では配れないので、もう一人に協力してもらっています。
 

2018年7月2日月曜日

三増区の共に生きる社会づくり広場

  7月1日(日) 共に生きる社会づくり広場

 町長も来賓として出席された今年の三増区共に生きる社会づくり広場はもう満杯状態で、本当は声をかければもっと参加者が増えるのでしょうが、残念です。
 1部は式典、2部は舞踊、3部はカラオケ大会で、私は歌を歌ってほしいと要請されていたので、矢代亜紀のなみだ恋を歌いました。私以外の方は70代、80代以上でとても上手でした。聞けば、児童館で仲間と練習をやっているとか。その他の場所でもやっているでしょうね。
                この写真は2部の舞踊です。

上小沢自治会の防災・減災教室に出かけました

  6月30日(土)我が家の壁紙貼り

 今、我が家の一階は壁紙を張り替えるために内装屋さんにきてもらっています。4人目の子が小学校1年生に入学する 前年にこの地に転居してすでに20年。家も汚れてきました。まるで引っ越しをするような感じでした。
 
 ハーモニカアンサンブルコンサート

 知り合いの方も出演するハーモニカアンサンブルコンサートに午後出かけました。愛川町文化会館も満杯状態で、内容も素晴らしく、とても人気があることが分かりました。

 上小沢自治会の防災・減災教室
昨年は初めてASVNが呼ばれて教室を開きました。今年は昨年と違って6つのブースを設けて説明を受けていただく取り組みでした。3人組で各ブースを回っていただくので、能動的な活動になりました。最後に全体で新聞紙で作るスリッパ試作は自治会役員さんがやってくれました。こういう取り組みはほかでもぜひやってほしいですね。


2018年6月30日土曜日

インシュリンの打ち方

  6月29日(金)インシュリンの処方を学ぶ

 28日、ある60代の男性は糖尿病などで視力が低下し、片方はほとんど見えなくなり、片方も細かい字もようやく見える程度と眼科で診断され、インシュリンを打った方がいいと言われていました。これまで2年ぐらい前にも医者に言われていました。しかし、なかなか病院へ行かないので、車に乗せて連れていきましたが、いつもの先生は当番の日でないのでいないというのであきらめて、29日、また9時に迎えに行って出かけました。

 眼科からインシュリンをうつことをすすめられて彼が了解したことを告げると、そうかと言ってその準備をすすめました。ついでに両脚のしびれの原因を調べるために、整形の先生に診察を受け、レントゲン検査、終了後インシュリンの薬などの注射器を薬局で買い、戻るともう11時半。それから、インシュリンの使い方を看護師さんからレクチャーを受けました。3度もやってなんとかやれるようになりましたが、心配なので紙にやり方を書いてもらいました。終了したら1時半。彼はおなかがすいてもうろうとしてきたので、サンドイッチを食べさせました。まるで私は親代わりですね。

2018年6月28日木曜日

志田山ホーㇺへボランティアで訪問

  6月26日(火)志田山ホームへ訪問

 民謡・懐メロ愛好会で志田山ホーㇺへボランティアとして訪問しました。各自の民謡の歌を披露したのちに、一緒に懐かしの歌を歌いました。民謡好きのご老人たちが最前列に陣取り、涙を流して喜んでくれました。今回私が司会を担当して、盛り上げようと張り切りました。こういう姿を見ると、また来たくなります。

ブロック塀など学校施設や通学路の安全対策の申し入れ

 6月25日(月)教育長に申し入れ

 大阪での地震で学校のプールブロック塀が倒れ、通学路を歩いていた4年生児童が下敷きになり亡くなったことを受けて、文科省が全国の学校施設者へ学校のブロック塀等に関する点検を緊急に実施するよう通達をだしました。それを受けて、わが町ではどうなのか、点検する必要があるとの認識で、共産党議員団は25日、朝9時に教育長へ申し入れを行いました。
 通達はまだきていないが、町の教育委員会はすでに学校と通学路の点検をしているとのことでした。そのまとめの結果報告についても求めました。正規に文科省からきたら確認していからにしたいとのことでした。
 以前の大地震で、消防署は通学路などを点検しているので、情報を共有していくとのことでした。

2018年6月24日日曜日

今朝、新聞読んで考えたこと

   6月24日(日)
 今朝、新聞配達を終えて雨になったのでスロージョギングはとりやめ、ゆっくり神奈川新聞を読みました。(赤旗新聞はまだ届いていません)この時も至福のひと時です。1時間程度読みますと、一通り目を通すことができます。
 特に目を引いたのが、沖縄戦の慰霊の日を迎えた沖縄での「沖縄全戦没者追悼式」での、浦添市立港川中学校3年の相良倫子さんの平和の詩「生きる」の朗読文でした。
 現代の今を生きる彼女が73年前の沖縄戦の悲惨な様相を対峙しながら訴える平和への願いが涙を誘いました。
六倉のアジサイ散歩道

 ラジオから流れる12日行われた「米朝会談」についての論評が、また気を引きました。矢田部さんという人です。これまで、日米では初の米朝会談を具体性がないとか、どうせまた翻してしまうとか、悲観的な見方をする論評が多かったのですが、この人は違っていました。これまでの首脳会談はそれまでに部下のものが実務的な打ち合わせを積み重ねて首脳会談で公表する形式があったが、別の問題では酷評されていたトランプ大統領は先にトップで決めてから、徐々に具体化をしていく方式をとったとのこと。米朝の初の会談を大変評価をしていました。今朝の赤旗新聞には、志位委員長の米朝首脳会談の歴史的意義、今後の展望を語ると題して、インタビューが載っていました。共産党は今回の米朝会談を高く評価をしています。今回の首脳会談を具体性がないとかの否定論や懐疑論に対して、過去の合意とは決定的に違うことは首脳間の初めての合意だということです。

 先日のマスコミの世論調査で、米朝会談について問うていますが、世論は否定的な見方が多かったようです。これはマスコミが流す論調の影響のせいだと思います。国民は詳しいことは分からないのですから。それに今は新聞を読む人も少なく、テレビの影響が大きいのでしょうね。

 ラジオから流れる「みながわたつお」さんの有名な作曲家の曲を紹介する時間では、今朝はブラームスの弦楽60奏の第2学調?に、流れるような心に染み入る曲に引かれました。

6月議会報告「新あいかわ」の原稿完成

  6月24日(日)

    6月議会報告「新あいかわ」の原稿完成でほっとして

           梅雨の時期の楽しみ   
梅雨のこの時期は雨が降ったりやんだり、出かけるのもちょっと嫌になることもありますが、一つ楽しみがあります。6月の花アジサイがいたるところで咲いています。近年、品種改良が重ねられたのか、はっとするような、とてもきれいな花に出会います。道を眺めるときにどんな花に出会うのか、私の密かな楽しみです。
この写真は六倉のアジサイ散歩道です。


       梅雨の合間のジャガイモ堀
雨の止んだ翌々日の金曜日、1時間程度で終えられるよう、準備をしてジャガイモ堀をしました。昨年と違って大きなジャガイモがごろごろ。昨年は10キロの種イモを植えても3箱程度。ところが、今年は2列で3箱。車に積まれなくなるのでこの程度で終了しました。肥料が良く入っていることもありますが、昨年はイモの肌がごつごつして、きれいな肌とは言えないものが多かったのに、今年はとてもきれい。なぜかなあ。


             6月議会報告「新あくかわ」の原稿完成
 昨日、1週間程度かかりましたが、ようやく6月議会報告の新あいかわを完成し、印刷を頼みました。完成品が届くには1週間かかります。その間に、26日から始まる家の壁の張替えのための片づけをしないといけません。


2018年6月17日日曜日

一人で署名・宣伝行動

  6月17日(日)街頭宣伝

少しの時間で安倍改憲ノー!とヒバクシャ者署名用紙をもって訪問。13件訪問したのですが、8軒がドアを開けてくれて 対話。署名をやってくれた人は3軒。改憲結構が2軒、わからない、署名はやらないことにしているなどが3軒となりました。この狭い範囲ですが、世相を反映しているように見えます。

 その後、イナゲヤ前で5時ごろから街頭宣伝をしました。今回は米朝会談について共産党の考え方について述べました。あとはカジノ法案が衆議院の委員会で強行採決したこと、今度は働き方改革も強行しようとしていることを報告しました。

 今日は町長選の投票日です。今回は町の放送で何度も呼びかけをしていました。いまいち盛り上がらなかったようなので、投票率が気になります。

2018年6月15日金曜日

工業用空き地は愛川にはほとんどない

   6月14日(木)工業用地はないのか

 今、町内には少し規模が大きめな工場を建てたくても工業用地がほとんどないようです。
ある方から、事業の業績がいいので規模拡大をしたいので、用地がないかという相談を受けました。下六倉や下大塚などはご自分で歩いて確認してきたが、空いておらず無理のようでした。私は不動産屋さんを何件か聞きましたが、ほとんどが住宅が中心で、少し大きな土地は扱っていませんでした。そこで、都市施設課へ相談に行くと、空いているところはごくわずかで、その場所を教えてもらい、所有者に確認するしかないようでした。

六倉のアジサイ散歩道

  6月13日(水) 六倉のアジサイ散歩道

 今年のアジサイはとてもきれいです。雨が良く降るからでしょうか。新婦人の仲間で以前から、ここ六倉のはけ沿いにアジサイを一人で植えてきた人がいます。もちろん、所有者に許可を得ていると思います。
六倉児童館から六倉坂までの道沿いに色とりどりのアジサイが植えられていて、通る人の目を楽しませてくれています。
アジサイの美しい写真を載せたいのですが、今一つうまくスマホから転送できないでいます。
できました。


2018年6月13日水曜日

鳥獣問題議連講演会と前川喜平さんの講演会

    5月28日(月)

 今日、午後から丹沢大山鳥獣等問題市町村議員連絡協議会の総会が相模原市の産業会館でありました。こういう組織があるおかげで、講師を招いて学習します。鳥獣問題の解決のために、どのような努力が行われているのか、知ることができます。

 先日、5月25日(金)夜、厚木市文化会館で行われた前川喜平さんの講演会に参加してきました。 大変な人気で、1100名も来たそうです。なぜこんなに人が集まるのかは、前川さんはご存知のように、安倍内閣の森友・加計疑惑でズバリものを言う姿勢にほれ込み、すっきりしたいという思いの表れです。その問題は最後に残しておいて、やはり教育文部官僚だった方ですので、教育の専門家としての思いを伝えたいということがお話から分かりました。一番大事なのは、憲法や教育基本法に基づく個人の尊厳を守ることが大事だということを戦前の教育勅語の中身を示して、戦前に回帰する首相の動きや道徳の教科化など問題点を指摘していました。

12日は町長選告示

 6月12日(火)町長選告示日

 この日、私は党の学習会に出かけていたので町長選の告示はみることはありませんでした。町を走っていても、選挙が始まったとは誰もわからないでしょう。それほど、静かなのです。

三増区の研修旅行で浅草へ

  6月10日(日)三増区の研修旅行

 2年に一度、家族特にいつも苦労させている奥様に対して慰安をしようと日帰りの旅行を計画してくれています。私は夫が町内会の役員4年目最後で頑張っているので、付き合いました。本当は議員にも案内が来るのでその前から付き合っています。

 行先は東京スカイツリーと浅草めぐりでした。前にも行っていますが、全てみることができないので、2回ぐらいはいいかもしれません。
 ガイドさんが築地市場から豊洲市場へ移行することについて、これまで施設に水がたまっていたことやもともとガスの跡地で安全性に問題があるとのことを心配していました。まさにそのとおりです。強行する都知事は食の安全性をどう考えているのか。


2018年6月8日金曜日

ある文書に対しての職員の対応

           6月8日(金)
 昨日、いつも生活の様子を見守っている年配の女性のところへ寄りました。そしたら、役場から書類が来ていると見せてくれました。ところが、その書類は申請の期限が5月31日とあり、すでに切れていました。年間たった1000円の補助金ですが、彼女にとっては貴重な金額でしたので、とても残念に思い、役場の担当課へ電話してみました。
担当課の職員は、彼女に電話して、期限内に書いて役場へ送ってくれるように要請したというのです。文書だけでなく電話もして丁寧に対応してきたと言いたいのでしょう。ところが、彼女は80過ぎの女性で文書の意味も理解できず、誰の名前を書いていいかもわからずにいて、私が来るのを待っていたというのです。でも、私は5月末から6月議会が始まり、とうとう終わってからきたので、期限が切れていたのです。私がそのことを知っていたら、すぐにでも訪問したことでしょう。この事案については、関連文書を私を通してあげていたので、なぜ私に知らせてくれなかったのか、残念でたまりませんでした。それで、何とか方策はないのか、聞いても無理のようでした。私は女性の実情を知っていたら、文書を郵送するようにとの電話で済まないことはわかるはずでした。訪問していれば実情が分かります。もっと実情に沿った対応をするようにと、声を荒げてしましました。
 今も、私の対応はよかったのか、気になります。それでも、職員はもっと対応する人の実情を知ってもいいのではないかと思ってしまいます。

2018年6月5日火曜日

議会最終日に思うこと

   6月4日(月)議会最終日

 町長選があるため、6月議会は今日で終了でした。補正予算案や条例改定案の質疑をして、採決。全て全会一致で可決。その後、請願、陳情審査でした。所得税56条の見直しについて、討論では私が共産党議員団を代表して賛成討論。結局共産党議員団だけが採択を主張して、不採択。地方財政の充実・強化を求める意見書を国に提出することを求める陳情は、賛成討論を準備していながら、発言のタイミングを見失って発言せず、共産党議員団だけが採択に賛成し、結論は趣旨了承。
 いつも思うのですが、 他の会派の議員は国に意見を出すことに対して、積極的ではないのです。意見書の意義を見出さない議員や国に違う意見を言うことを極力控えている議員が多いような気がします。下からの民主主義の大事さを理解してくれていないのかな。

 終了後、議員全員協議会の場で、町長から、半原水源地跡地の構想の説明がありました。とても素晴らしい構想ですが、どれだけお金がかかるのか、そのお金はどこから持ってくるのか、とても心配になりました。そこで、議会として責任を持つ立場から、総合計画の後期基本計画の時のように具体的に、検討会を作って町に聞いていくようにしようとなりました。

2018年6月1日金曜日

常任委員会の陳情・請願審査はやりがいがあった

  5月31日(木)常任委員会の陳情・請願審査

 一般質問が終わって翌日は陳情・請願審査があるので、前夜はその準備をして備えました。午前は私の所属する総務建設常任委員会で、まず初めに、所得税56条の見直しについての請願。鈴木議員が紹介議員。井上議員は委員長。私は委員なので、発言して請願を採択させたいとの思いがあるのですが、これまでほとんどの議員は趣旨は分かるがといって、不採択としていました。

 決を採る前に、理事者や請願人、事務局、請願陳述者からの質疑、それから自由討議となりますが、私は議会基本条例にあるように活発にしたい、これまで自分の意見を述べるだけで終わることが多いことに不満を持っていました。議員の真実の声を聞きたいと、自由討議でこれまでの議員の意見に対して、これはちがうのではないか、と3人に反論をしました。それからまた相手から反論があり、これを何度も繰り返し、本当の姿が見えてくることが分かりました。実は相手はあまり請願の中身を理解していなかったのでした。おわってから、56条と57条について詳しいことを知りたいという議員がいて、それについての情報を知らせることができました。

 午後からは、教育民生常任委員会に出された請願審査の傍聴をしました。年金者の会から、年金支給の隔月支給を毎月支給にしてほしいというものです。これも昨年に出されているので、同じ結論だと思いますが、やはり自由討議で鈴木議員も反論を試み、中身の濃い自由討議となりました。終わってから、年金者の会の傍聴者に聞きますと、これまでより面白かったという声が返ってきました。

私の一般質問

  5月29日、30日は一般質問

 今回の一般質問は13人。29日が6人、30日が7人ということで、30日は遅くなると思っていましたが、早く終わる議員がいて5時前に終了。

 私は30日の11番目、午後2時過ぎとおもってりましたが、1時半過ぎから開始。
私は今回は1車両基地の影響について、2審議会委員について、3保育士の労働環境改善についての3項目でした。特に、車両基地の影響については、昨年の10月頃、アンケートに書かれていた車両基地の影響で大変なことになっている。今後、同じようなことが起きないように、条例を作ってほしいとの要望があり、訪問していました。今年に入ってからも、何度か訪問して、被害にあっている方の話を直接聞き、これはまさに人権侵害だと思うようになりました。何とか、町側にも考えてもらいたいとの思いでした。終わってから、被害の実情に心を揺さぶられてか、どこですかと聞きにくる議員もいました。

 審議会委員については、これはちょっと準備不足でした。保育士の労働環境改善については、田代・半原方面の保育園と春日台・中津方面保育園では入所保育児童の数が倍の差があり、臨時保育士で埋め合わせても、当然正規保育士への負担が多くなることを統計あいかわの数値を平成14年から30年まで調べて聞くと、理事者側も認めました。 町長がこれは何とかしないといけないと思ってくれないと困るのですが、人員はふゃすことはないようです。

2018年5月27日日曜日

ひまわりの種をまいた

  5月26日(土)、27日(日)

 今年もひまわりの種をまきました。ひまわりの種は2粒づつ、50センチ間隔で、畝の幅は60センチと教えられている通り、行いました。しかも、3か所と昨年より2倍になった感があります。種を多く引き取ってしまったためです。新たに追加したところは美化プラントの近くで、県道沿いなので目立ちます。大きくなったらどうなるか想像しながら、心配のないように、農地の持ち主さんの意向も確認しておきました。

                   右は昨年のひまわり畑




昨年ひまわりを植えた場所には、今小麦が金色に輝いて実っています。26,27日刈り取りをするにはまだ、柔らかかったため、1週間ずらしました。今、雀さんが寄ってきて、食べているようです。小麦畑の両脇に小麦の枝が倒れて、そこの麦がなくなっています。
  

町長選挙のため、6月議会は5月25日から6月4日まで

   5月25日(金)6月議会

 今年は町長選があるため、6月議会の日程が早まります。5月29,30日が一般質問で今回は13人が行います。31日は総務建設常任委員会は午前、午後からは教育民生常任委員会でそれぞれ陳情、請願審査を行います。議会最終日は6月4日です。

 今回の町長選挙は無投票かな?と思っていましたが、説明会の時に37歳の男性陣営がきて、どうやら出馬するらしいことが分かりました。タウンニュースにも載っていました。 無風選挙はいけないということで、出馬するのでしょうか。
  町長選挙は6月12日告示、17日投票日のようです。


高峰小学校避難所運営委員会

   5月22日(火)三増区は高峰小学校が広域避難所

 午後7時より、前回の運営委員会総会で確認したように、今回は規約やマニュアル、30年度事業について、確認した後、演習としてHUGを行いました。
 HUGについて、3つのグループに分かれ、高峰小学校体育館の間取りが書かれた模造紙に、避難してくる人々の事例がトランプに書かれてあり、それを読み上げてくれるので、その人々をどこに配置するのか、皆で考えていきます。けがをした人や病気を持つ人、犬や猫、小鳥など、ペットを連れてくる人など難しい対応に頭を悩ますのですが、それをあまり時間をかけずに対応します。普段から、こういう訓練をしていれば、いざというときに慌てなくて済みます。

 今年も会えました。サイハイランです。

2018年5月20日日曜日

たむそんナチュラルマーケットを体験

  5月19日(土)たむそんナチュラルマーケット

 農林まつりの時に、新規就農者の田村さんから月1回、イベントを行っているとのことを聞きました。それが今日19日正午あたりからで、みらいあいこさんによるギターと歌を聞きました。1時間ほど楽しんだ後、特別のカレー屋さんが来ていて、皆は食事を楽しみました。私は出かける前に昼食の弁当を急いで食べてきたので、次回にお預け。厚木のご夫婦や三増に越してきた若いご夫婦など、数人が来ていました。木の下で、青々とした畑や遠くに見える山々を眺めながらひと時を過ごすのは、とても贅沢な時間でした。


ここでミントシロップのつくり方を教えてもらいました。

2018年5月19日土曜日

SNSを知ろう!の講座に参加

                    5月19日(土)

 午後からサポートセンター主催のSNSを知ろう!の講座に参加しました。私の今の実態はラインだけしか使えないので、フェイスブックやツイッターなども使ってみたいと思っています。そこで、それぞれの特徴を知って、まずはツイッターを登録しました。
 パネラーの紹介では、3人の方による実践例で、それぞれの特徴をよく知って使い分けることが大事とのこと。




   サイハイランというこの植物は、町内で昨年発見しました。相撲の行司さんが手にもって采配をするのに似ているから、との理由です。

2018年5月18日金曜日

健康を保つには大変な努力が必要

 5月18日(金)健康を保つには大変な努力が必要
 
夕方、新あいかわを配布中、顔見知りの年配の男性を見かけて対話。お元気そうなのでうれしくなりました。86歳になるそうですが、とてもはつらつとしていました。その秘密は、カラオケに行って月に6曲は新曲を覚えること、毎日4千歩を歩き、そのコースは毎日替えています。甥っ子の嫁さんに言われたことは、2階のある家にいるなら2階に寝室を置き、毎日上り下りをすること。2か月に一度は病院へ検査を受けに行き、毎日パソコンにつけた血圧と歩数のデータを見せていますが、体は60代そのものと太鼓判。驚きました。

 こうなりたいですよね。世の中をよくするためのチラシ配布も運動のうち。いい話を聞けます。しかし、5時から配布して終わったのは7時過ぎ。ちょっと疲れますね。

2018年5月16日水曜日

8月に実施する映画のこと

  5月17日(水)映画の会

 夏に実施する映画について、映画の会で月に1度は集まって試写映画を見、決めています。今回は「9条にいだかれて」という題で元ベトナム兵だったネルソンさんの戦争とはどんなものか、経験を踏まえた漫画や講演を交えて、とても分かり易く9条の素晴らしさを伝えています。これなら多くの人に受け入れられると思います。期日は8月15日午後2時からです。愛川町文化会館、大ホールです。これからチラシやチケットを準備します。

小旅行で気分転換

    5月14,15日(月、火)

2か月も前から予約していた新潟への小旅行をしてきました。夫と年に一度はゆっくり出かけています。仕事オンリーで10年も過ごしてきてしまい、これまで私を支えてくれていた夫に感謝しての旅行で、3年ぐらいは出かけています。ゆっくり温泉につかり、帰りに伊香保で竹下夢二記念館や階段の街でひと時を過ごしてきました。

電話がつながりました

  5月12日(土)
この土曜当たりに、うちの電話がつながらないというアクシデントが起きました。IP電話なので、インターネットも繋がらなくて困りました。まるっきり、自分のスマホだけになり、皆さんにご迷惑おかけしました。メールが来ていても返事ができなくていました。今日、ようやく直してもらいました。

 

議会の意見交換会

 5月11日(金)意見交換会
議会の意見交換会はこれまでと同様に行われました。毎年、意見を言いたくて来る人も
いて、12,3人は話をしてくださいました。今回は議会への注文だけでなく、町をよくしたいという愛にあふれた意見が多かったようです。


2018年5月9日水曜日

一般質問を提出したら11番目でした

  5月8日(火)一般質問の提出

 6月議会は5月25日から始まる関係で、一般質問の提出がとても早まっています。それなのに私はゆっくりで、出そうとしたらもう11番目でした。
 1 ①車両基地の影響について 1年365日休みなく稼働している輸送トラックが静かな住宅地に作られていることで、エアーの騒音と砂ほこり、夜の照明による睡眠障害とストレスでひどく体調を悪化させていることへの影響について、②今後同様な基地が作られる懸念から、未然に防ぐために、町の考えについて 2 審議会委員の選出について ①町には審議会が50いくつもありますが、もう少し活発な議論を求め、委員選出区分や公募の状況について ②サポートセンターの登録団体やその利用者を委員として選出するよう要請 3 ①保育園での園児の受け入れ状況について ②保育士の労働環境改善について でした。
 

2018年5月6日日曜日

たまのや主催ライブコンサート

 5月5日(土)たまのや主催ライブコンサート


 午後2時から、商工会館でたまのやコンサートにいそいそと出かけました。ここ数年行っていなかったので、そんな気分でした..
 新しいメンバーが加わり、いつものメンバーの他に、田巻真理さん、みらいあおこさん、丹治かおりさん、奈緒さん、山田尚史さん。
 時間が長くなったのですが、とても素晴らしいコンサートでした。
 愛川や厚木など身近で路上ライブしていたとか、各地のイベントで司会や歌を歌っていたりと初めて知る歌い手が多く、皆上手で聞かせました。

2018年5月4日金曜日

改憲ノーの署名行動

  5月3日(木)
午後から、三増地区の下宿へ「チラシ配布しながら、署名行動。この地域では安倍政権への反感を持つ人が多く、署名も快くやってくれます。安倍首相は「勉強をしていない、知性がない」という人もいて、「そうですね、自分を立法府の長と言ったりしておかしいですね」と私は共感できる人がいます。そういう人には、5月25日夜に開かれる前川さんの講演会のお誘いをしています。

農林まつりで聞いた話

5月3日(木)農林まつり

愛川にきてから20年になりますが、3日の憲法記念日は農林まつりなので、どうしても町のイベントに顔をだすことになります。特にここ数年は、近く11日夜7時から議会意見交換会を予定しているので、そのチラシを農林まつりで配布し、宣伝する活動に取り組んでいます。昨夜と朝から大雨が降り、危ぶまれましたが、実施時刻を11時からにするとして、1時間遅らせました。すっかりは雨が上がっていたので、いつものように始まっていました。ただ、フリーマーケットがなくなったので、それを楽しみにしている人はがっかりしたでしょう。

 春は野菜の苗を買うのを楽しみにしていますが、若手の農業者と会話をするのもいいものです。たむそん農園の田村さんの話はとても魅力的です。ハイテク工業団地の左手にある馬込公園の下手に農地がありますが、毎月第3週定例の土曜日12時ごろから、みらいあいこさんの歌が始まります。私は横須賀水源地の花見のつどいで、みらいあいこさんの歌にすっかり魅了され、ファンになりました。田村さんは以前、俳句の会を松山ケンイチさんを呼んでやったそうです。月に1度はこういうイベントで、自然農法の野菜畑に来てもらい、愛川の土地、空気、風景などの良さを発信しています。

2018年5月2日水曜日

3月議会報告「新あいかわ」の配布

5月2日(水)チラシ配布

 3月議会の報告「新あいかわ」を1か月前に印刷しているのになかなか配布できず、今少しずつ配布しています。三増を配布しながら、ピンポーン。声をかけて9条改憲反対の署名のお願いをしています。対話になりますが、すぐにはやってくれません。もう年だからとあきらめている人、夫がうるさいので用紙だけもらうという人、など様々です。ある人は久しぶりだから上がってお茶飲まない?と声をかけてくれました。そういうときには、喜んで上げてもらいます。3年前に越してきた人で、1度しか話をしていませんので、いいチャンスです。署名もしていただきました。

第89回厚木地区統一メーデー

   5月1日(火)メーデーに参加

 厚木市のハトポッポ公園で行われる毎年恒例のメーデー。数十年前から参加しているという女性は、当時はこの公園の半分以上の人が組合から参加して、それはそれはにぎやかだったとか。最近は闘う組合が少なくなっており、参加する組合も少数です。それでも、頑張っています。

 行政区の首長代理が来ていて、わが愛川町も副町長が挨拶。国会では、働き方改革と称して、高度プロフェッショナル制度の導入を目指していますが、これは働く時間の制限をなくし、過労死を生むので反対との声が出ています。どうも、政府は国民の願いとは裏腹のことをやりたがっています。これまでもそうですが、経団連の労働者を雇用する側の声で動いてためでしょうね。

2018年4月29日日曜日

町政報告会のち映画「コスタリカの奇跡」を鑑賞

  4月28日(土) 共産党議員団の町政報告会

 午前中は共産党議員団の町政報告会でした。今回は時間がなくチラシを入れただけなので、参加者は少ないだろうと思っていました。案の定14人でした。それでも、他会派の議員の参加があり、少人数でも報告に対し質問や電車のない町にとって切実な願いは、交通問題との認識の下、それを他会派との共同で解決していこうとの言葉が交わされたことは大変意義があることだと思いました。


          愛川で上映予定の映画を見に行く
 午後は愛川映画の会の4人で、相模大野にあるユニコムプラザさがみはらで映画「コスタリカの軌跡―積極的平和国家のつくり方~・概要」を観てきました。
 コスタリカは軍隊を廃止した国ですが、まだ多くの人に知られていません。なぜそういうことができたのか、その背景や今もどのように平和を守る闘いをしてきたかを大勢の方のインタビューを通して明らかにしていきます。
 軍事費を国民の健康・教育などに回すことでどれだけ福祉国家を築くことができるか、コスタリカは常に中米国からの脅威にさらされて、それを軍事力でなく、それまでに築いた国際社会との友好を力に、非武装で対抗しました。それはまさに、形は違っても東南アジア諸国連合内で起きた紛争を話し合いで解決している姿勢と同じはないか。常に、政治は他国からの影響で揺らぎ、手に汗を握る場面が数多く、事実なのにフィクションのような感覚で見てしまいました。

 

南北「板門店」会談が成功

  4月28日(土)27日に南北「板門店」会談

 こんな日が来るとは、本当に驚きです。素晴らしい出来事です。それは北朝鮮と韓国との会談が行われ、朝鮮戦争の終結や「完全な非核化」を盛り込んだ「板門店宣言」で合意したことです。
 昨年から 北朝鮮の弾道ミサイル発射が繰り返し行われてきたことで、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキムジョンウン委員長との間で険悪な言葉の応酬が繰り返され、戦争が起きるのではないかと心配していました。北朝鮮が対話に応じた背景には、韓国のムンジェイン政権や米国を含む多くの国々が水面下で動き、北朝鮮の核実験、弾道ミサイル発射の問題を米朝の直接対話で解決しようと努力してきた重要な成果があったと考えられます。
 それに対して、日本の安倍政権はこれに騙されるなと批判していた結果、取り残された形になりました。朝鮮半島の非核化に向けた対話に主体的に取り組んでいくべきではないかと思います。
 
 

2018年4月25日水曜日

民謡・懐メロボランティアで「せせらぎ」へ

4月26日(水)
                                 6月の議会は5月25日から
 今年6月には町長選があります。その関係で6月議会は5月25日から始まります。(夜は前川喜平さんの講演会が厚木市文化会館であるので、これはぜひ参加したいです。)
 29日と30日は一般質問、31日は総務・教育民生常任委員会があります。最終日は6月4日です。
 もう一般質問を出してもいいのですが、今準備中です。

            民謡・懐メロボランティアで「せせらぎ」へ
 本日の午後から、民謡・懐メロボランティアで老健施設「せせらぎ」へ行ってきました。教育民生常任委員長の時は忙しくて、とても出られる状況ではなかったのですが、役を降りると全然違いますね。「せせらぎ」へ行くと、50名以上でしょうか、大勢の方が揃っていました。最近こういう場に来ていなかったので、ちょっと上がりましたが、マイクで歌う心地よさを味わいました。でも、私たち10人がすべて歌ったので、聞く側に立つとしんどかったかしら。